こんにちは。五十嵐です。

2019年のツアーを最後に活動を終了したスラッシュメタルバンドのSlayerが、過去のミュージックビデオのHDリマスターを今週2本続けて公開しました。
活動は停止しているけど解散ではないそうなので、いつかまた新曲を出してくれることを期待しています。

ところで、HDリマスターという言葉をたまに耳にすることがありますが、
このHDって何のことかご存じでしょうか?

HDはHigh Definition=高精細度/高解像度の略。
高画質を意味しており、日本ではハイビジョンともよばれています。
画素数でいうと1280×720ピクセルです。
ちなみに、アナログテレビやDVDは、SD(Standard Definition)とよばれ、720×480ピクセル。 前述のHDリマスターは、SDからHDにマスタリングし直して、解像度が上がった!ということですね。

似たような言葉に、フルHD(FHD/Full HD)というものがあります。
こちらは画素数でいうと1920×1080ピクセルでHDよりも高解像度です。
VETS CHANNELの配信映像はおもにフルHDで撮影されていますので、視聴される場合はフルHD対応のモニターがおすすめです。

最近は、これよりもさらに高画質の4Kあるいは8Kという映像も登場してきていますが、これらは4K/8Kに対応したモニターでないと本来の画質を再現できません。
その逆も然り、4K/8K対応モニターでも元の映像の解像度が低いと意味がありません。4K/8Kのように解像度が高くなればデータ通信量も格段に上がってきます。

いつの日か、VETS CHANNELも4K/8Kで配信できるようなインフラが整うことを願っています。

でも、やっぱりSlayerはLIVEで観たい!