こんにちは。
VETS CHANNNEL事務局の小川名です。

今回紹介する動画は、小動物外科専門医である日本小動物医療センターの藤田 淳先生による「乳腺腫瘍切除術」です。犬の乳腺巨大腫瘤に対する部分切除術が収録されています。

乳腺腫瘍は一次診療においても遭遇する機会の多い腫瘍ですが、底部マージンの確保や広域切除での減張など、症例によりさまざまな外科的テクニックが必要となります。

乳腺腫瘍切除における気になるポイントが、わかりやすくご確認いただける動画となっています。

1. 症例紹介、腫瘍辺縁の切皮(00:12〜03:12)

Point!  腫瘍に伸びる血管を都度止血しつつ、腫瘍を把持した状態で周囲皮膚を切開する

2. 腫瘍周囲の剥離、底部マージン確保(03:12〜06:53)

Point! 腫瘍底部の位置をしっかりと把握し、深胸筋1枚を底部マージンとして同時切除する

3. 腋窩アプローチ、小腫瘤の辺縁切除・減張切開(06:53〜11:00)

Point!  逆側の小腫瘤は辺縁切除とし、同時に縫合創を90度回転させて減張切開の役割も兼ねるようにする

4. 皮下縫合、鎮痛カテーテルの設置(11:00〜16:22)

Point! ハーフ・ヒッチ・ノットを用い、皮膚を愛護的に扱いながら縫合をすすめる

5. 皮内縫合、病理組織検査結果(16:22〜19:55)

Point! ここでも皮膚を強く把持しないよう注意する

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

乳腺腫瘍切除術①【左右乳腺尾側部アプローチ/鼠経リンパ節切除】
https://e-lephant.tv/vets-ch/vetspay/1003839/

乳腺腫瘍切除術②【左右乳腺頭側部アプローチ】
https://e-lephant.tv/vets-ch/vetspay/1003840/

乳腺腫瘍切除術③【縫合/局所鎮痛用ドレーン設置】
https://e-lephant.tv/vets-ch/vetspay/1003841/

是非ご覧ください!