こんにちは。VETS CHANNNEL事務局の小川名です。

近年、詳細な画像診断の普及により尿管結石の診断が増えており、さまざまな術式による外科対応も一般的になりつつあります。

今回はその術式のひとつとして、大阪府立大学の秋吉 秀保先生による「尿管膀胱新吻合術」をご紹介いたします。一般的な尿管切開による結石除去とは異なり、尿管を一部切離して新たに膀胱へ吻合するという術式になります。

新たな術式選択のひとつとして、ぜひ一度ご覧いただければと思います。

■ 尿管膀胱新吻合術【尿管・膀胱の切開】

1. 尿管の剥離、尿管膀胱側の結紮離断(00:04〜01:40)

Point! 尿管を慎重に剥離し、結石を確認したのち4-0吸収糸で結紮、切離する。

2. 膀胱切開、カテーテル設置(01:40〜02:40)

Point! 膀胱切開後、膀胱背側に3mm生検パンチでを開け、3F栄養カテーテルを通して吻合時のステント代わりとする。

■ 尿管膀胱新吻合術【尿管・膀胱の吻合】

1.  吻合糸の設置(00:04〜02:04)

Point! 尿管・膀胱ともに全層を拾い、6方向に糸を設置する。

2. 尿管・膀胱の吻合(02:04〜03:43)

Point! 並置縫合を意識しつつ、ゆっくりと結紮する。

Point! 必要に応じた補強として、漿膜面のみ追加で縫合する。

3. 膀胱切開部の縫合(03:43〜05:10)

Point! カテーテル挿入時の膀胱の切開部を縫合して、手術終了となる。

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

尿管膀胱新吻合術【尿管・膀胱の切開】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

尿管膀胱新吻合術【尿管・膀胱の吻合】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

是非ご覧ください!