こんにちは。VETS CHANNEL事務局の小川名です。

動脈管開存症(PDA)は、犬で最も一般的な先天性心疾患です。比較的見逃しにくい、メジャーな疾患というイメージがあるものの、診断および手術適応、手術手技など、実はあまり詳しくはわからない…という先生も多いのではないでしょうか。

今回紹介する新着動画は、日本獣医生命科学大学の鈴木亮平先生にご講演いただいた「動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】①②③」です。動脈管に間接的に結紮糸をかけるJackson-Henderson法に関して、実際の症例紹介から診断、治療選択、手術までを詳細に解説していただきました。

ご自身での執刀を検討されている先生だけでなく、先天性疾患と出会う可能性のある、一次診療に関わるすべての先生に、ぜひ一度ご覧いただきたい動画となっております。

■ 動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】①症例紹介

1. 病態・治療法(00:08〜04:33)

Point!  動脈管へ間接的にアプローチし結紮するJackson-Henderson法は、直接法より出血のリスクが少ない

2. 症例紹介、術前・術後の変化(04:33〜18:36)

Point!  アイゼンメンジャー化(左右短絡)が認められる場合には手術不適応となるため、バウンディングパルスの減弱や可視粘膜異常、右心拡大などが生じていないかよく確認する

■ 動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】②開胸

1. 手術準備(00:12〜01:22)

Point! 右下横臥位にし、開胸位置である第4肋間を中心に広く毛刈りする

2. 切皮、肋間アプローチ、開胸(01:22〜10:51)

Point!  広背筋、斜角筋、腹鋸筋、外・内肋間筋の順に剥離、切開し、胸腔へアプローチする

■ 動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】③動脈管結紮

3. 視野の確保、解剖学的位置の確認、迷走神経の確保(00:12〜03:25)

Point! 動脈管直上を触診すると明瞭なスリルを感じるため、アプローチの目安にする

Point! 迷走神経は視野確保の邪魔になるため、確保して絹糸で牽引しておく

4. 大動脈アプローチ:尾側、頭側(03:25〜10:18)

Point! 順に大動脈を鈍性剥離により遊離させ、尾側・頭側にそれぞれ絹糸をかける

Point! 大動脈壁は比較的強靭なので、大動脈に沿って剥離するイメージで

5. 動脈管アプローチ、結紮(10:18〜15:33)

Point! 大動脈頭側にかけた絹糸を尾側から、尾側にかけた絹糸を頭側から引き、2本とも動脈管にかけて順に結紮する

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】 ①症例紹介|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】 ②開胸|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

動脈管結紮術【Jackson-Henderson法】 ③動脈管結紮|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

ぜひご覧ください!