こんにちは。エレファントTV事務局の小川名です。

会陰ヘルニア整復術には、内外閉鎖筋など筋縫合によるもの、骨や靭帯を利用するもの、インプラントを利用するものなど、さまざまな術式が知られています。

今回紹介する動画は、横浜山手犬猫医療センターの川合 智行先生による「会陰ヘルニア整復術①〜⑤」です。プロリンメッシュを用いた会陰ヘルニア整復術について、実際の術式から、適応症例や術式選択におけるメリットまで、詳細に解説してくださいました。

今後の術式選択の一助として、ぜひご覧いただければと思います。

■ 会陰ヘルニア整復術 ①切皮

1. 切皮、触診による確認(00:00〜05:00)

Point! 触診によりヘルニア孔と周辺組織(特に筋肉)の状態を確認し、術式を決定する 

2. 坐骨の露出(05:00〜13:16)

Point! 外陰部に向かう血管・神経を傷つけないよう注意する

■ 会陰ヘルニア整復術 ②メッシュの設置

3. プロリンメッシュによるヘルニア孔閉鎖、坐骨によるメッシュ固定(00:00〜09:30)

Point!  円錐状にしたプロリンメッシュを直腸に沿って孔に挿入し、坐骨と縫い合わせて固定する

4. 仙結節靭帯によるメッシュ固定(09:30〜19:55)

Point! 仙結節靭帯の奥には坐骨神経があるため、結紮縫合時は深部へ攻めすぎないようにする

■ 会陰ヘルニア整復術 ③縫合

5. 縫合(00:00〜04:56)

Point! 死腔を埋めるように縫合する

■ 会陰ヘルニア整復術 ④対側の整復

6. 筋肉縫合によるヘルニア孔閉鎖(00:00〜11:06)

Point! 初期病変であり周囲の筋組織が十分に残っている場合は、筋肉縫合で対応する

■ 会陰ヘルニア整復術 ⑤解説

7. 症例情報、術式について(00:00〜05:22)

Point! 周囲組織が脆弱化している重症症例では、坐骨や靭帯などを用いた整復術が推奨される

Point! 円錐状プロリンメッシュ設置法は、ヘルニア孔閉鎖だけでなく直腸変位の予防にも有用といえる

こちらの動画はVETS CHANNELでご覧いただけます!

会陰ヘルニア整復術 ①【切皮】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

会陰ヘルニア整復術 ②【メッシュの設置】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

会陰ヘルニア整復術 ③【縫合】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

会陰ヘルニア整復術 ④【対側の整復】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

会陰ヘルニア整復術 ⑤【解説】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

是非ご覧ください!