こんにちは!エレファントTV事務局の井上です!

今回紹介する動画は「膝蓋骨脱臼整復術」です。

講師は藤井 聖久先生(くすの木動物病院)。

様々な臨床症状がある膝蓋骨脱臼を、チワワとポメラニアンの症例をもとに、トンネル造溝術を用いて説明していただきました!

1.膝蓋骨脱臼整復術① 膝蓋骨脱臼整復術とは(00:30~04:55)

Point! 脱臼の原因として、脛骨の回転だけでなく膝蓋骨と大腿骨同士の軟骨のすり減りなど様々な臨床症状がある。

2.膝蓋骨脱臼整復術② 滑車形成、脛骨粗面転位について(00:43~18:52)

Point! トンネルを掘る際は、滑車と並行に軟骨ギリギリのところを狙う。

Point! 軟骨の垂直方向に少し穴を開けることで、滑らずに掘り始めることができる。

3.関節包縫縮、麻酔管理(18:52~25:33)

Point! 大腿膝蓋靭帯を切った後にアプローチする関節包の硬い部分は、縫合時のアンカーとして最大限利用する。

4.手術手順まとめ(25:33~26:16)

5.膝蓋骨脱臼整復術③ 症例①チワワの症例(00:00~28:11)

Point! 関節包を切開するときは、大腿膝蓋靭帯に十分な縫いしろを確保する。

Point! トンネルを掘った後、内部の海綿骨をキュレットで取り出す。取り出した海綿骨は脛骨粗面の骨切り部に移植するため保存しておく。

6.症例②ポメラニアンの症例、術後管理(28:11~32:04)

Point! 外傷性の膝蓋骨脱臼の場合、十字靭帯断裂と併発していることがある。

こちらの動画は、VETS CHANNELでご覧いただけます!

膝蓋骨脱臼整復術 ① 【膝蓋骨脱臼とは】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

膝蓋骨脱臼整復術 ②【膝蓋骨脱臼整復術の概要】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

膝蓋骨脱臼整復術 ③ 【手術の実際】|VETS CHANNEL (e-lephant.tv)

ぜひご覧ください!