こんにちは。五十嵐です。
先日ブログに書きましたが、大学卒業後は動物病院でしばらく働いていました。


1年目はスキマ時間で獣医学雑誌を読んだり、
過去のカルテを引っ張り出して見たりして自己学習を進めていたのですが、
いざ診察デビューとなったときに気がついたこと。

飼い主さんと会話ができていない。。。

診察室で爪を切っている間、注射の準備をしている間、検査結果を待ってもらっている間、
新米で自分自身の余裕がないのはもちろんですが、
対話能力がとても低いことを実感しました。

学生時代からギターが趣味だった自分は、
時間があればヘヴィメタルを聴いて、ギターを触って一日過ごしていました。
なので、飼い主さんと会話するための引き出しが少なすぎたのです。

それから、休みの日は積極的にテレビドラマやワイドショーを観て、
巷で何が起きているかを意識するようになりました。
獣医学以外の情報が豊富になってくると、 不思議と疾患や治療の説明にも自信が出てきて、今の仕事にも活きています。
この学習はこれからもまだまだ続きます。