小動物臨床へ進んだ獣医師は、
勤務している病院でしか手術を目にする機会がありません。

その病院での術式は大学で習った方法と違うかもしれないし、
そこで働いている間はその病院のルールから外れて
新たな方法や学びを得ることは難しいでしょう。

つまり、外部へ勉強しにいかないかぎり、
自らのスキルを伸ばすことどころか、新たな世界を見ることすらできません。

もし、積極的に外科治療を薦めない病院に勤めれば、
その傾向はより強くなると思います。

VETS CHANNELでは一次診療施設では手を出さないような術式も公開しています。

二次診療施設や専門病院で、紹介した症例が実際にどのような手術を受けるのかを
紹介をする立場として把握しておかなければ、飼い主さんへ説明することは難しいでしょう。

文字やイラストは断片的な情報しか得られませんが、
動画にはそれらが表現できない情報が詰め込まれています。

決して他人事ではなく、上手い下手に限るものではないと思っています。

VCLがお届けする動画コンテンツで実感してみてください。

https://e-lephant.tv/ad/2000551/