こんにちは、VCLの五十嵐です。

動物病院で働くほとんどの人は、動物が好きで働いている人が多いと思いますが 動物病院で働くことの苦労というのをいまだに考えます。

私の話になりますが、私は麻布大学を卒業後、約9年間臨床現場で働いてきました。 現場でずっと葛藤していたことは

―動物を助けるために自分の知識や技術を最大限に発揮したい
―けれどエビデンスレベルを求めると治療費があがってしまう
―費用面で飼い主さんが最良の治療を選択できなくなるかもしれない
―けれど適正な治療を提案してあげたい

これらのジレンマを抱えながら、仕事をしていました。 動物病院で働くことの苦労を実感した私は、臨床から離れてインターズー(現EDUWARD Press)の編集者へ転職し、獣医師として別の道を選んだのですが、動物病院で働き続ける方々はほんとうに素敵だなと感じます。

この続きはまた^_^